愛媛大学工学部機能材料工学科 大学院理工学研究科物質生命工学専攻 材料プロセス工学研究室

研究紹介

ホットサーモカップル(HTC)法

ホットサーモカップル(Hot thermocouple: HTC)法[3]では熱電対を温度検出のセンサに用いるだけではなく,ヒーターと試料保持にも利用します。本方法によれば,少量の試料に対して,急速加熱・等温保持・急冷などの熱処理を施しながら,その状態変化を肉眼で直接観察することが可能です。我々の研究室ではHTC法を用い,新規ガラス及びスラグ形成系の均一溶融温度決定,ガラス形成/結晶化確認,硫化物マット/酸化物スラグの相分離プロセスの評価などを行っています。

ホットサーモカップル(HTC)法

  • H. Takebe, H. Terai, H. Haraga, K. Ueda, “Melting Behavior of Coal Gasification Ash”, Proceedings of the 7th Inter. Conf. on Clean Coal Technology and Fuel Cells, 8-10 November, 2011, Fukuoka, Japan.
  • 中村洋貴, 斎藤全, 武部博倫, “リンケイ酸塩ガラスにおけるレアアース濃縮のための組成条件”, Journal of MMIJ, Vol. 129, No. 8, 9, 591-595 (2013).
  • I. Amamoto, H. Kobayashi, T. Yokozawa, T. Yamashita, T. Nagai, N. Kitamura, H. Takebe, N. Mitamura, T. Tsuzuki, “Behaviour of IPG Waste Forms Bearing BaSO4 as the Dominant Sludge Constituent Generated from the Treatment of Water Used for Cooling the Stricken Power Reactors", Proceedings of the 13th International Conference on Environmental Remediation and Radioactive Waste Management, ICEM2013-96107, September 8-12, 2013, Brussels, Belgium.

[3] 太田能生, 森永健次, 柳ヶ瀬勉, 日本金属学会報, 19, (1980), pp. 239–245.