愛媛大学工学部機能材料工学科 大学院理工学研究科物質生命工学専攻 材料プロセス工学研究室

研究紹介

真珠アコヤガイ循環プロセス

愛媛県の宇和海を中心とした南予地区は,全国一の生産規模を誇る真珠養殖アコヤガイの産地です。しかしながら,真珠養殖に伴い,貝殻,貝肉,粘液などの副生成物が未利用の廃棄物として発生しています。我々の研究室では,アコヤガイの貝殻や構成物がどのような特徴を持っているのかを明らかにするとともに,リサイクル素材について,生理活性機能,光機能などの新機能の発現と応用展開に関する研究を行っています。

真珠アコヤガイ循環プロセス

武部博倫, “真珠養殖アコヤガイ貝殻のリサイクルと機能材料化”, 月刊愛媛ジャーナル, 第24巻, 5号, (2010) pp 80-83.

※本研究は平成21–23年度愛媛県南予エリアイノベーションシステム整備事業「可能性試験」に採択されました。現在も継続的に研究を実施しています。